【企画】紅白に乱れ咲くハナモモから着想!「源平咲き/キメラ」をテーマに作品をつくりたい

0

    見事に咲き誇るハナモモ(2018年3月末、都内某所)

     

     

    1本の木に2色が混じる珍しい花

     

    こんにちは、ハチノコラボの三宅です。今年は桜の開花が例年より早く、都内では3月24日に満開を迎えましたが、これから散りゆく花の桜吹雪がまだまだ人々の目を楽しませる事でしょう。さて、日本で春の花の代表格といえば、桜はもちろんですが梅と桃も有名ですよね。今回新しい企画案としてスポットを当てたのは「桃」です。そのきっかけは、数日前にハチノコラボのアドバイザー的存在・Y女史がSNSに投稿したハナモモの写真でした。紅白入り乱れた神秘的な姿に興味が湧いたので、撮影地を聞き散歩がてら見に行くと、そこには街路樹として植えられたハナモモが春爛漫に咲き乱れていたのです!

     

     

    1本の枝で紅白に分かれて咲くハナモモ

     

     

    1つ1つの花で表情が異なる

     

     

     

    不思議な咲き方の正体は「遺伝子」

     

    なぜこのように1本の木に2色が入り乱れて咲くのでしょうか?調べてみたところ、どうやら遺伝子に関係があるようです。ハナモモには花弁をピンク色にする働きをもつ「ピース遺伝子」と、一方でそれを阻害する「トランスポゾン(動く遺伝子)」の働きのため2色に咲き分かれてしまうのです。これは、桃だけでなく梅やサツキでも見られ、こうした咲き方を「源平咲き」「キメラ咲き」などと呼ぶそうです。キメラとは生物学において同一個体に複数の遺伝子が混じる事ですが、源平咲きとは運動会の赤白帽や紅白歌合戦みたいに「源平合戦」が由来しているのですね。なるほど、何とも日本らしい洒落たネーミングです!

     

     

     

    「源平咲き/キメラ」をテーマに作品ができないか?

     

    実を言うとハナモモの美しさに惹かれたのも確かですが、もう一つの理由は源平合戦の地・壇之浦がある下関が地元の私は、この「源平」という響きにグッときちゃったのです(笑)しかし、テーマを「源平咲き」に限定してしまうと発想の着地点が狭くなってしまうので、ハチノコラボでは「キメラ」をテーマにしてみたいと思います。すでに頭の中ではいくつかアイデアが浮かんでいるので、今後の展開をぜひ共お楽しみに!

     

     

    源平合戦場となった壇之浦と関門橋を眼前に臨む源義経と平知盛の像(2017年夏に撮影)

     

     

     

     

     


    | 1/1PAGES |