【ツチノコラボ Vol.5】 陶芸教室やってみた

0

     

    一通り全員がろくろに挑戦し終えたので、

    残った粘土を使って手びねりで色々作ってみることに。

     

     

    ※手びねりとは

    ろくろを使用せずに陶芸作品を作り上げていく技術のこと。

     

     

     

     

     

     

    まずは、みんなで粘土を均一のサイズに丸め、

    「寶」という字が掘られたスタンプを押します。

    実はこのスタンプも陶器で出来ているんです!

    押されて平らに成形された粘土は箸置きになるそうです。

     

     

    と、ここで生徒の一人に異変が・・・

     

     

     

     

     

    出た!

      

    カマイタチのニキ!!!

     

     

    ニキさんやめてッ!

    ここは陶芸教室よ!!

    物騒だから鎌は仕舞って!!!

     

     

     

     

     

    一同慌てふためく中、

    ニキさんが離した手から現われたのは・・・

    何と鎌の柄を使った器なのでした!

     

     

     

     

     

    このゴツゴツした質感は、

    先生が用意してくれた凸凹の溶岩を何度も押し当てたものです。

     

     

    現代に蘇りしバベルの塔!

     

     

     

     

    上から見ると、こんな感じです。

    意外とちくわぶみたいで可愛いかも?

     

     

    となれば、

    私も何か面白いものをと思い作ったのが・・・

     

     

     

     

     

     

    ハチノコならぬツチノコ!

     

     

    一応、箸置きです。

     

     

     

     

     

    その後も色々な作品が次々と出来ていき・・・

     

     

     

     

    上の写真が今回作ったもの。

    この後、素焼きするまでしばらく乾燥させます。

    陶芸教室・第一回はこんな感じで終了なのでした。

     

     

     


    【ツチノコラボ Vol.4】 陶芸教室やってみた

    0

       

       

       

       

      最後にろくろに挑戦するのはクラウン・ビーのボス。

      仕事柄、粘土を使うのは得意なはずですが、

      一体何をつくるのでしょう?

       

       

       

       

       

      「俺、田舎の母ちゃんに抹茶茶碗つくるんだ」

       

       

      ・・・あれ?

      なんでしょう、この胸のざわめき。

       

       

      「俺、この戦争が終わったら彼女に結婚申し込むんだ」的な。

      「ちょっと田んぼの様子を見に行ってくる」的な。

       

       

      もしかして、フラグ立った?

       

       

       ※フラグが立つ=特定のイベントが起きることを匂わせる展開のこと。

       

       

      (数分後)

       

       

       

        

       

       

      なにそれ、ちっちゃ!!! 

       

       

       

      なんということでしょう。

      さっきまで順調に茶碗ができつつあったのですが、

      かたちが中々決まらなかったのか

      長いこと粘土をいじくりまわしていたせいで

      かたちが崩れてしまったのです。

       

       

      それにより、

      先生から崩れた部分を切り取られ、

      残った粘土でぐい飲みをつくり始めはじめました。

       

       

       

       

      なんとかかたちにはなったものの、

      この後も先生の目を盗んでは

      勝手にこねくりまわしたおかげで

      最後はヒビが入ってしまいました。

       

       

       

       


      【ツチノコラボ Vol.3】 陶芸教室やってみた

      0

         

         

         

         

         

        ・・・と、ここで

         

        革職人ニキさんことNが動いた!

         

         

         

         

         

         

        普通のかたちじゃ物足りない!

        まるで山あり谷ありの人生を象ったような縁!

        これではコップのフチ子も簡単には乗りません。

        ・・・やはり器が違う男である。

         

         

        そんなNさんは、クラウン・ビーのレザー部門

        「EIGHT BEAT LEATHER」でも力を発揮中。

         

         

         

         

         

        そして今年入社したばかりのニューフェイス、

        Iさんのターン。

         

         

        一見普通にやってる様に見えていたのですが、

        ここでNさん(ニキさんじゃない方のN)が

        何かに気付いてしまったらしい・・・

         

         

         

        (↑左側:Iさんの手、右側:先生の手)

         

         

         

         

        「(器に)触ってる?」

         

         

         

         

         パンドラの箱が開いたッ(笑)

         

         

         

        いや、知ってたけど!

        ほんとは知ってたけど!!!

        それ言うたらアカンやつやん(笑)

         

         

        一同、笑い転げました。

         

         

         

         

         


        【ツチノコラボ Vol.2】 陶芸教室やってみた

        0

           

           

           

           

          まずは、K先生によるお手本。

          電動ろくろのスイッチが入っただけで

          「お〜!!!」という歓声が。

          そして、全員が固唾を飲んで見守る中、

           

          もとい無言でガン見の中、

           

          熱視線に耐えかねたのか

           

          K先生「やりにくいよ〜!」

           

          一同「ですよねwww」

           

           

           

           

           

           

          あっという間にかたちをつくる先生の手さばき!

          お見事です!

           

           

           

           

           

          そして、いよいよ一人ずつろくろに挑戦。

          まずは先生の友人Kさんから。

          もちろん全員でガン見(笑)

           

           

           

           

          先生のサポートを受けながら、かたちを作ります。

          上の写真、左側が生徒の手で、右側が先生の手。

          というか、これ・・・

           

           

          ほとんど先生が作ってるんじゃ?

           

           

           

           

           

          スタッフNさんも挑戦。

          男性は手が大きいから手元が安定して見えますね。

           

           

           

           

          粘土を持ち上げる時は、

          根っこを両手のひらではさんで

          そのまま持ち上げるのだそうです。

           

           

           

           

          ↑ちなみに、これがハチノコラボ生こと私の作品。

          抹茶茶碗です。

          中々良い出来かな?

           

           

          なんだか順調っぽいぞ?

           

           

           


          【ツチノコラボ Vol.1】 陶芸教室やってみた

          0

             

             

            去る11月24日、

            クラウンビーでは倉庫の一角にろくろが持ち込まれ、

            「ハチノコラボ」ならぬ「ツチノコラボ」と銘打ち

            第一回・陶芸教室を開催しました。

             

             

             

             

            この日の講師を引き受けてくださったのは、

            陶芸への造詣が深くクラウンビーとも仲の良いK先生。

            このろくろもK先生からお借りしたものです。

             

            そして生徒として参加したのは、

            クラウンビー社長および社員、K先生のお友達、

            そして私ことハチノコラボのMを含めて6名。

             

             

             

             

            箱から出てきたてんこ盛りの粘土を前に、

            何をやればいいのかさっぱり分からないまま

            さっそく固まる生徒たち・・・

             

             

             

             

            適当な大きさに切り分けられた粘土を渡され、

            最初の作業がK先生より指示されます。

             

             

            K先生「今から菊練りをやります」

             

             

            ・・・先生、菊練りって何ですか?

             

             

            ※菊練りとは

            粘土の硬さを均一にしたり、

            粘土の中の空気を抜いて気泡が残らないようにする作業。

             

             

            え〜!そんなのいきなり出来ないよ〜!

             

             

            先生の実演を見様見真似でやってはみたものの、

            初めての作業に悪戦苦闘する生徒たち・・・

             

             

             

             

             

            (奮闘すること十数分後・・・)

             

             

            なんということでしょう!

            見事に練り上げられた粘土の小山が

            いくつも出来上がっているではありませんか!

             

             

            先生、ありがとう!

             

             

            と、この段階ですでに結構な体力を使った生徒たち。

            しかし、まだろくろにすら触っていません。

            先は長いぞ大丈夫か?

             

             

             

             

             

             


            | 1/18PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            WEB SITE

            clown☆bee official site
            clownbee


            clown☆bee最新トピックス
            clownbee news


            clown☆beeの秘密の研究室
            ハチノコラボ


            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM